役員

トーマス・R・ゼンゲージ(Thomas R. Zengage)代表取締役会長兼CEO
ニューヨークのコロンビア大学コロンビアカレッジで中国語を専攻。シアトルのワシントン大学修士課程において日本学を修め、併せてMBAも取得。日本語に堪能で、長年にわたり多数の日本企業、海外企業および団体を顧客としてIR、ウェブ・ソーシャルメディア・コミュニケーション、危機対応、経営課題、企業統治、企業戦略など広範なコンサルティング経験を有する。日本におけるIR・コンサルティング企業の草分け的存在であった株式会社アイ・ビイ・アイ(IBI)の主要株主であり、CEOを務めた。その後、IBIをロンドン証券取引所に上場するWPPグループに譲渡し、WPP傘下のオグルヴィ・パブリック・リレーションズ・ワールドワイド・ジャパン株式会社のCEOに就任。さらに、世界最大手の独立系PR代理店、エデルマン・パブリック・リレーションズ日本法人のCEOを務めた後、高度な戦略的コミュニケーションとイシュー・マネジメントを専業とするコンサルティング会社、パシフィック・コミュニケーターズを東京に設立。続いて株式会社インベスター・インパクトを設立し、IR投資収益率(ROIR)の向上を目指して、世界中の発行元とステークホルダーとの関係強化に役立つ最新の包括的コーポレートコミュニケーション戦略およびツールを提供している。日本語の著書として、日本経済の長期的成長要因に関する論考『それでも「YEN」の世紀』が講談社より刊行されている。現在、東京証券取引所に上場している優良な日本企業の社外役員を務めている。
角 里香代表取締役社長
専修大学卒業後、日本の著名なエンターテインメント関連企業で経理業務に従事、その後東京のIRコンサルティング会社、米系金融コンサルティング会社等でIR戦略、株主判明調査および認知度調査、決算説明会・個別訪問等の支援、議決権行使促進プログラム、主要業績評価指標調査などに従事。クライアント側の経験としては、2001年、IRオフィサーとして、移動体通信システム開発会社の東証マザーズ上場を担当。2004年11月、IRコンサルティング会社の株式会社セオリアを設立。2012年12月、株式会社インベスター・インパクトの創業役員として代表取締役副社長に就任。IR支援活動の傍らで、専修大学大学院商学研究科修士課程及び経済学研究科後期博士課程修了。企業統治、IR戦略、IR効果測定を研究テーマとしている。日本IR協議会、日本IR学会、行動経済学会に所属。